TEL:0120-894-990
TEL:0120-894-990
お問い合わせはこちら

社長のコラム



賢い国ランキング

イギリスのウェブサイト「Vouchercloud」が世界で最も賢い国ランキングを発表しました。
これは「ノーベル賞受賞者数」「平均IQ」「小学生の学習成績」の3分野を評価し、その順位を合計したランキングです。
それによると何と日本が第1位でした。
因みに2位がスイス、以下、中国、アメリカ、オランダ、ロシア、ベルギー、イギリス、カナダと続きます。
日本は、「ノーベル賞受賞者数」が6位、「平均IQ」が6位、「小学生の学習成績」が5位で、1位になった分野はありませんでしたが、3分野を合計すると1位でした。それぞれの分野の差があまりなく、平均的によい結果でした。日本が世界一賢いと感じないのも「平均的」というところからでしょうね。
反対に「平均IQ」が1位、「小学生の学習成績」も1位のシンガポールは、これまでノーベル賞の獲得がないため、この分野のランクが73位と低く、総合順位は25位になっています。シンガポールは歴史が浅く、人口も少ないので「ノーベル賞受賞者数」の項目はなかなか難しいでしょうね。
図:賢い国にランキング
出典:Vouchercloud「世界で最も賢い頭がいい国・地域ランキング」より作成
(↑画像をクリックすると拡大します)

全体を見ると中国・韓国・台湾・香港・シンガポールなど東アジアの国々が「平均IQ」や「小学生の学習成績」の上位を占めています。ただし「ノーベル賞受賞者数」は多くありません。
「ノーベル賞」を368回受賞し、この分野で断トツ1位のアメリカは「平均IQ」が28位、「小学生の学習成績」が13位ですが、総合順位は4位になっています。
「ノーベル賞受賞者」の有無が大きく全体のランキングに係わっています。
「ノーベル賞受賞者数」と国民全体が賢いかどうかはあまり関係ない気もしますが、この分野があるのはヨーロッパのサイトだからでしょうね。


学力の国際比較

日本の学力は以前と比較し、低下していると思っていたのですが、世界的に見るとどうなんでしょうか?
そこでOECDが15歳の児童を対象に3年毎におこなっている学習到達度調査(PISA)の2000年~2018年を見てみました。
日本の結果は下記の通りでした。

読解力:8位→14位→15位→8位→4位→8位→15位
数学的リテラシー:1位→6位→10位→9位→7位→5位→6位
科学的リテラシー:2位→2位→6位→5位→4位→2位→5位
図:PISA国際学力テストにおける日本の成績の推移
出典:国立教育政策研究所HPより作成
(↑画像をクリックすると拡大します)

2003年から2006年は順位が下がっていますが、これは「ゆとり教育」のためであり、2012年調査で順位が回復したのは、「脱・ゆとり教育」の成果だという意見があります。文科省の見解はこちらです。しかし、これを疑問視する意見も数多くあります。 どちらが正しいかは詳しくわかりませんが、学力が回復したのは、大変けっこうなことだと思います。
ただ一旦上がった読解力が2018年に大きく下がったのが気になります。読書量が減っていることや辞書で分からない言葉を調べなくなったことも大きな原因だと思います。あと、文章を書かなくなりました。書いてまとめることの重要性も認識すべきだと思います。

・1ヶ月に本を1冊も読まないと回答した人は47.5%
・読書量が減っていると回答した人は65.1%

読解力を上げることは一朝一夕にはできないことなので、会社の研修や日常活動に取り入れています。各部署で輪読会をしたり、会議の議事録を書いてもらったり、それがじわじわ効いて会社のレベルを上げるよう、これからも努めていきます。

参考までにPISAの2018年の上位になった国と地域をご紹介します。
全体的に東アジアの国々が上位です。
また、3分野とも中国の「北京・上海・江蘇・浙江」が1位、シンガポールが2位、マカオが3位で東アジアの国がベスト3を占めています。次回は日本もここに食い込みたいですね。




図:PISA国際学力テスト上位になった国・地域
出典:国立教育政策研究所HPより作成
(→画像をクリックすると拡大します)


このページのトップへ ▲


新年明けましておめでとうございます。

 旧年中は大変にお世話になりありがとうございました。本年も皆々様のご発展・ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 昨年は、何と言っても元号が「令和」となり、天皇陛下が交代されたことが大きな出来事でした。またラグビーW杯で日本中が大変盛り上がりました。特に決勝戦等開催されたここ横浜はファンゾーン以外にも、多くの外国の方が訪れて、街でビールを飲む姿が見られました。横浜で勤めて30年、初めての光景でした。今年はオリンピック・パラリンピックの年です。さてさてどんなドラマがあるか楽しみです。

 さて、干支の話に移ります。昨年は己亥(つちのと・い)でした。己は紀であり己を正すこと。亥は干支の最後、季節で言うと冬に当たります。さらに亥は核に通じることから、植物が実から種となるように次の世代に向かってエネルギーを蓄える年でもありました。

 本年は庚子(かのえ・ね)です。庚には3つの意味があります。①継承・継続する。②償う。③更新する。つまり、前年からのものを断絶することなく継続して、いろいろな罪・汚れを払い浄めて償うとともに、思い切って更新する。革命ではなく、進化に持っていくことが庚の本義です。子は干支の始まりで、陰から陽へと転じ、孳であり、滋るという意味があります。ですから、前年のものを引き継ぎ、悪しきを償い、思い切って更新するだけでなく、引き継いだものを滋らせ、増やしていく年と考えられます。 次の時代に向けて大きく進歩し始める年と言ってもいいでしょう。

 過去の歴史を振り返ると、60年前の1960年は、日米安保条約成立、ケネディ氏の大統領選挙当選、池田内閣誕生「所得倍増論」、OECDの誕生など、新しい時代のスタートとなる年でした。さらに遡ると関ヶ原の戦いがあった1600年が庚子でした。この戦で徳川家康が勝ち、その後の長きに亘る徳川幕府となるわけですが、織田信長、豊臣秀吉のいいところを引き継ぎ、盤石の体制を作ったことが典型的な庚子の出来事のように思います。

 日本では、IRや日韓関係が注目を集める年になるでしょうし、憲法改正の動きも目を離せません。世界では英国のBrexitが昨年12月に選挙で実を結び、今年新しい芽を出しそうですし、米中貿易戦争の溜まったエネルギーもそろそろ大きく動く兆しがあります。

 物事を引き継ぎ、思い切って進化させる年、それを増やしていく年ということを鑑みて今年の当社の方針を考えると、
・これまで練ってきた人事制度のアイデアを取り入れて、人事制度を更新させる。
・事業開発面では、実施段階に入り、中身を濃いものにしていく。
・新たな事業をまず既存のお客様に展開して行く。
・更新する作業として、経費削減、作業の効率化、アウトソーシングを進める。
・人事面を含めてノウハウを引き継ぐ方法を見直すとともに、将来に残す資料のファイリングも
 進化させて行く。
・研修については、「コンサルティング営業」に向かって内容を充実させて行くとともに、
 ダイバーシティを見すえた研修制度へと進化させて行く。
・払い浄めるために町内清掃・社内の整理整頓をしっかりする。
必要性を感じています。

 今年も引き続きお客様から頼りにされる会社を目指してまいります。
皆々様のご発展ご多幸を心からお祈り申し上げます。

参考:
「干支の活学」安岡正篤著(プレジデント社)
「強運をつくる干支の知恵」北尾吉孝著(致知出版社)


このページのトップへ ▲


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、
下記フリーダイヤルにて受け付けております。

フリーダイヤル

メールでのお問い合わせは、
お問い合わせフォームにて受け付けております。

お問い合わせフォームへ



このページのトップへ ▲

社長のコラム


旭広告社ギャラリー

LINE@