新年に寄せて

新年に寄せて

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変にお世話になりありがとうございました。本年も皆々様のご発展・ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 昨年当社は創立80周年を迎えることができました。これまでの皆様の温かいご支援、ご協力に感謝申し上げます。またその感謝の気持ちをいろいろな形で表させていただき、手作りイベントも開催いたしました。地域への感謝と未来を担う子どもたちへの想いを込めて開催した「電柱広告デザインワークショップ」です。
https://asahi-ad.co.jp/80anniv/anniv_top.php

 参加した子どもたちのデザインした電柱広告が、自分の通う学校のそばに掲出され、自分の思いを形にする喜びを感じてもらえたのではないかと思っております。これからも地域への貢献を何らかの形で進めていければ、存外の喜びであります。

 昨年は戊戌(つちのえ・いぬ)でした。その性格である「良いものはより良く、悪いものはより悪く」なった年だったように思います。冬季オリンピックやアジア大会で羽生選手をはじめ多くの日本人選手が大活躍をし、日本中が大いに盛り上がりましたが、台風などによる極端な災害の多い年でしたし、米中貿易戦争のようにエスカレートしているものもあります。一方で北朝鮮問題のように(現状はよく分かりませんが)、収束している問題もありました。

 本年は、己亥(つちのと・い)です。己は紀であり己を正すこと。亥は干支の最後、季節で言うと冬に当たります。さらに亥は核に通じることから、種となるようなエネルギーを蓄える意味もあります。

 60年前の1959年は、岩戸景気の真っ只中でしたが、日米安保条約改定阻止国民会議が結成されました。翌年の60年に安保でエネルギーが爆発したものの、岸内閣の総退陣、池田内閣の発足、「所得倍増論」へと繋がり、新しい動きへとなった前の年となりました。

主な出来事は
・各地方に放送局が開局する。
・皇太子明仁親王(今上天皇)と正田美智子さんのご結婚。
・テレビの普及。
・キューバ革命。
・第1回日本レコード大賞に水原弘の「黒い花びら」。
・伊勢湾台風。

 今年は消費税の値上げもありますし、米中貿易戦争、その飛び火としての日米貿易問題など、もしかすると不況の入口となるかもしれません。昨年は物事をシンプルに整理することが「吉」と言われていましたが、今年はその整理した物事を義に照らして取捨選択し、来年以降の種となるようにしていくことが大切な一年と感じております。

 来年は庚子です。物事を進化させ、増やす年とも言えます。今年一年お客様のため、社員のためとなるビジネスの種をしっかりと作り上げる所存です。今年も引き続きお客様から頼りにされる会社を目指してまいりますので、何とぞご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 本年の皆々様のご発展ご多幸を心からお祈り申し上げます。

参考:「干支の活学」安岡正篤著(プレジデント社)
「強運をつくる干支の知恵」北尾吉孝著(致知出版社)