動画制作

Strength

動画制作のメリット

メリット01
静止画より動画の方が多くの情報量を伝えることができる‼

動画の最大のメリットは、膨大な情報量をターゲットに対して伝えられることです。1分間の動画は、Webページだと3,600ページ分、文字に換算すると180万文字(400字詰め原稿用紙4,500枚相当)に相当すると言われています。180万文字、3,600ページを一気読みするよりも情報が頭に入りやすく、記憶として残りやすい特徴があります。

メリット02
実際の雰囲気やイメージが伝わりやすい‼

感情や気持ちを伝えるコミュニケーションをとる際、人は相手のどのような情報に基づいて印象を判断するのか、考えたことがありますか?アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則(3Vの法則)」によるとその割合はこのように示されました。

人は“視覚情報”と“聴覚情報”から約9割の印象を決定していることから、 聞き手は話の内容や言葉以上に話し手の声や見た目に影響されることがお分かりいただけるかと思います。動画には、視覚情報(映像)・聴覚情報(声、音楽)・言語情報(話し声、テロップ)のすべてが網羅されており、 人やモノ・場所などの実際の雰囲気やイメージが伝わりやすく、印象に残りやすい特性を持っています。

ドローン撮影でダイナミックな撮影も可能に‼

ドローンの登場により、空撮映像の自由度は格段に上がりました。 これまでは費用が高く、諦めていた映像もドローンを使うことで、気軽に撮影することが出来るようになりました。被写体をよりダイナミックかつ鮮明に表現し、「空からの視点」や「低空・狭所からの視点」という 様々な撮影をこなすドローンは、多くのバリエーションやインパクト効果を生み出します。

動画広告市場の推移はこちら

※ドローン撮影は、飛行場所・高さ・撮影時間に制約がありますので、 撮影を希望される方は事前にご相談ください。(航空法、各自治体条例、人口集中地区、撮影時間帯など)

メリット03
実際の雰囲気やイメージが伝わりやすい‼

ブランディング動画と言われるコンテンツは、宣伝ではなく、作品としてユーザーに見てもらいやすい点があります。広告宣伝の要素をあえて抑えて、 一つの映像作品として視聴者の感情に働きかけ、ブランドへの共感・信頼感を獲得させます。ブランド価値を動画のストーリーに乗せて伝えることで、 視聴者が感情移入しやすくなると同時に、 記憶に刻まれていき、視聴者好感度がUPします。 人が商品やサービスを購入する際、機能面や価格面の価値だけではなくブランドへの共感や信頼感など心理的な繋がりも意思決定を左右する重要な要素になります。

動画は「感情に訴える力」に優れています。

左脳ではなく右脳に働きかける、頭ではなく心に訴えかける、エモーショナル(感情)マーケティングに動画は欠かせません。さらには「感動した」「ビックリした」「泣けた」「分かる」「おもしろい」「すごい」など感情を大きく動かすコンテンツほど SNSでシェアされやすい傾向にあり、ユーザーの多さも相まって何百万という多くの人に動画が届く可能性を秘めています。

制作実績はこちら
動画再生メディアの種類が増え、動画マーケティングの市場が普及

動画広告市場の推移

動画再生メディアの増加による動画市場が普及

動画広告市場の推移

SNSやYouTubeなどの動画コンテンツの普及により動画を見ることは日常生活で当たり前となっています。 Wi-Fiを様々な場所で利用できるように通信環境が整備されたこともあり、動画広告の視聴は年々増加傾向にあります。

1人あたり月間利用時間の推移
1人あたり月間利用時間の推移
出典:Digital Trends 2019上半期 スマートフォン上での「ビデオ/映画」カテゴリー
スマートフォンでの動画視聴状況
スマートフォンでの動画視聴状況
出典:2018年11月 動画配信サービスの利用と通信キャリア選択における調査MMD研究所より作成
動画広告市場推計・予測
動画広告市場推計・予測
出典:動画広告市場推計・予測(デバイス別)2017年~2024年 サイバーエージェントWebサイト

WEB動画広告は、コロナ禍で変わった消費者の生活スタイルにマッチ。

外出自粛期間中、自宅で動画コンテンツを視聴するユーザーが大幅に増えました。 インプレス総合研究所の調べによる『外出自粛で増えたことTOP15』の結果によると「無料の動画を見る」が最も多く、 27.5%を占めています。

非対面でマーケティングが可能なWEB広告は、時代に合った効果的な広告手法と言えるでしょう。

活用目的例

シネアドは、商品の購買に
効果的なプロモーション

映画「鬼滅の刃」の大ヒットに伴って、映画館で作品の本編が始まる前に上映される 広告シネアド(シネマ・アドバタイジング)を活用される企業が増えており、再び注目を集めています。

映画館は、ショッピングモール内に多くある為、見終えた直後に商品を手に取ってもらいやすく 購買に効果的なプロモーションの一つと言えるでしょう。

電車内ビジョンは、車内で唯一の
動的広告として価値が高い。

広告用電車内ビジョンは、ニュースや天気予報など、 公共性の高い情報番組の合間に広告が放映されるため、乗客の視線を集めやすいという特徴があります。 モバイルデバイスとの親和性が高いことや、掲出する時間帯や路線を選ぶことで ターゲットを絞ることが出来る為、注目を集めています。

動画制作の流れはこちら
Portfolio

制作実績の一例

Image
イベント周知
ミニコンサート風景

ガーデンネックレス横浜実行委員会様

Image
情報提供
新型コロナウィルス感染症対策

ガーデンネックレス横浜実行委員会様

Image
イベント告知
大花壇紹介

ガーデンネックレス横浜実行委員会様

Image
企業PR
会社紹介動画

株式会社ダイイチ様

Image
寺院PR
春の東明寺

(有)アズソリューションズ様

Image
観光誘致
Japanese beauty YOKOHAMA

(有)アズソリューションズ様

活用目的例

1つの動画制作から、様々な使用方法に展開できます。お客様の目的に応じた動画制作を承っております。

お問い合わせはこちら
Timeline

動画制作の流れ

1.
打ち合わせ
・希望予算 ・使用用途 ・動画の長さ
2.
企画提案
・スケジュール ・お見積り
3.
構成内容決定
・動画イメージ ・撮影場所 ・登場人物
4.
当日撮影
5.
編集作業
・テロップ ・BGM
6.
編集映像確認
7.
修正
8.
納品
動画制作についてのご相談・お見積りは、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら
打ち合わせ

・希望予算
・使用用途
・動画の長さ

企画提案

・スケジュール
・お見積り

構成内容決定

・動画イメージ
・撮影場所
・登場人物

当日撮影
編集作業

・テロップ
・BGM

編集映像確認
修正
納品
動画制作についてのご相談・お見積りは、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら