交通広告を選ぶときのポイント

誰に何をどのように伝えるか

交通広告は必ずターゲットにリーチします。

交通広告はターゲットエリアを特定しやすいメディアです。

駅や路線を特定することによって効率の良い広告展開が可能です。

誰に、何を

媒体選定

どのように

クリエイティブ

弊社は総合広告代理店として、あらゆる媒体を取り扱っておりますので、お客様の課題解決に最適なプランをご提案させていただきます。媒体に迷われている方、「こんなことやりたい!」「こんなことできる?」などクリエイティブに関するご相談も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Point 1 誰に

ペルソナを設定する

企業において商品やサービスを利用するであろう・利用してほしい理想(架空)の顧客像のことをマーケティング用語で「ペルソナ」と言います。年齢、性別、職業、家族構成、年収、趣味、居住地域、性格など具体的な人物像を描いていくことで、ターゲットの視点を知ることができ、ターゲットが目的を達成するためにどのような手段が有効なのか戦略が立てやすくなってきます。

例えば、お子様向けのサービスであった場合、そのサービスを利用するかどうかの決定権は保護者にありますので、ペルソナは母親や父親に設定しましょう。

ペルソナ例

名前

旭 一郎

好きな食べ物

焼き鳥

年齢

42歳

年収

650万円

職業

サラリーマン

口癖

そうだね〜

趣味

キャンプ・ジョギング

家族構成

妻(38歳)・娘(16歳)・息子(12歳)

移住地

鎌倉

高くても品質の良いものを選ぶ。
キャンプと車が大好き。(ミニバン保有)
子供の教育に熱心。(但し、勉強だけではない)
健康嗜好、休日には奥さんとジョギング。
Point 2 何を

広告の特徴を理解する

通勤、通学、買い物など人々の生活の中で、バスや電車などの交通機関を利用するシーンは多くあります。利用者にとっては自然に目に止まりやすい広告ですが、種類も数多くあり、その特徴に合わせた広告媒体の選定も重要になってきます。

エリア・メディア特性・予算・期間など、ポイントを押さえて選定しましょう。
交通広告の強み

4つの特性

交通広告の特性についてまとめました。

リーセンシー効果
駅構内・周辺の購買地点に近いところで接触されるため、より直接的に購買を刺激するセールスプロモーション効果の高いメディアです。

※ リーセンシ―効果

購入直前に接触した広告が、購買行動に影響を与える効果。

反復訴求性
首都圏の鉄道では、通勤・通学者であるサラリーマン・OL・学生などの定期利用者が多く、複数の路線が日常的に、反復的に接触されているメディアです。そのような交通広告のメディア特性を活かし、日常的・反復的な広告訴求を実現します。
強制視認性
他のメディアと異なり、駅・車両という生活者の利用環境に付随しているメディアのため、強制的に視認される可能性が高いメディアです。例えば通勤・通学時間帯の車両の中、中吊り広告やトレインチャンネルなどはまさにこの特性に当てはまるメディアです。
連続的な訴求効果
駅→車両→駅という鉄道利用者の導線で連続して広告訴求が出来ます。また、屋内⇒屋外⇒屋内という広告訴求のタイミングの中で、モバイル媒体はもちろんのこと、屋内型媒体(テレビ・インターネット等)とのメディアミックス効果も大いに期待できます。

仕事終わりに電車内でビールの広告を見た

Occasion

オケージョン認知

株式会社ジェイアール東日本企画では、広告に接したときの状況や場面とあわせて広告を記憶していることを「オケージョン認知」と指標しています。オケージョン認知は、広告接触後の意欲や行動の変化と深い関連があり、購買行動・推奨行動に良好な影響を与えてると考えられます。

帰宅途中に購入した
このように、状況や場面を狙った広告展開が消費者にとって効果的なアプローチにつながっていくと考えられるでしょう。